×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ファッション誌のエディターとして活躍していたケイトスペードが「ファッション市場にはおしゃれで実用的なハンドバッグが少ない」との思いから、1993年に設立したバッグブランド「ケイトスペード ニューヨーク(kate spade NEW YORK)」。ユニークな素材使い、新鮮なカラーリング、抜群の機能性など、女性の心を刺激するデザインで瞬く間に人気ブランドへと成長する。現在ケイトスペード  アウトレットでは、ステイショナリーやシューズなど、商品を幅広く展開。 KATE・SPADE SATURDAY は「土曜日のワクワク感を毎日に」をコンセプトにケイトスペード バッグから誕生したグローバルな新しいライフスタイルブランドです。 カラフル、楽観的、大胆…kate spade new york と同じブランドDNAを持ちながら、それらをよりカジュアルに表現。シンプルで分かりやすい形や、どこにでも着て行けるシルエットにBoldな色やプリント、そしてコットンやキャンバス、天然バケッタ革を使用しています。 忙しいライフスタイルを送る女性たちを考慮した、着回しの効く、ケイトスペード  アウトレットファンクショナルな商品が特徴的です。 1993年、ファッション誌「マドモアゼル」ケイトスペード  アウトレットの編集者だったケイトが、実用的でセンスのいいバッグがなかなかないことに不満を感じていたところ、パートナーでもあり夫でもあるアンディ・スペードが「じゃあ、きみがケイトスペード バッグの会社を作ったら?」と声をかけたのが始まり。 シンプルで張りのある素材、カラフルな配色、手の込んだディテール。kate spade new york(ケイトスペード・ニューヨーク)のクラシックな形に大胆な色使いというデザインは長い時間をかけて世界中に知られることとなりました。 「live colorfully」=カラフルな人生、興味深い人生をたくさんの人々に伝えてゆくことがミッションと謳う通り、kate spade(ケイトスペード)は今やケイトスペード バッグだけでなく、アパレル、アクセサリー、雑貨、小物類、靴、コスメ、そしてアイウェアなどにも、そのカラフルで大胆なデザインは展開され、多くの女性の心を魅了しています。 2013年1月に行われた、オバマ大統領の2度目の就任式の時のオバマファミリーのファッションセンスが世界中から賞賛されましたが、娘のサーシャ・オバマちゃんはkate spade(ケイトスペード)のコートを着用していたそうで、kate spade(ケイトスペード)のクリエイティブ・ディレクター、デボラ・ロイドは、 ケイトスペード 財布を見ると、それこそ、これ一枚で市街地も堂々と歩けますっていうようなしっかりした生地とデザインを主張しているんですよね。ようするにボトムスとしてショートパンツ代わりに履くという事ですから、それなら当然コーデも必要になって来る訳なのです。 反面、日本の古き良き文化について、外国の方々に何だかんだアドバイスされたくないっていうのもあるにはありますよ。ところがところが、世の女性陣たちは、今やケイトスペード 財布をインナーではなく、アウターとして考えるようになったのですがこれも時代なのですね。 。そして、今まで以上にカラフルでおしゃれなケイトスペード 財布も。デザイン性に優れたものさえ沢山あって、いろいろなコーデを楽しめるのであれば、十分アウターとしての価値はあると私は認識しています。 実際、世の大半のお父さんたちは、コーデなんて全くもって関係ないというか関係ないのですが、白地の木綿や麻のケイトスペード iphone5ケースを愛用しています。ケイトスペード マザーズバッグをインナーだと考えるなら、コーデもへったくれもありませんから、デザイン面であれこれ悩む必要性なんてないでしょう。事実わたしは本当にそう思います。